HOME > どうぶつ健康百科 > 犬のマイボーム腺腫

犬のマイボーム腺腫

【ペットの病気】2013.01.03

マイボーム腺腫1.jpg 「マイボーム腺腫」は眼瞼(マブタのふち)に出来る良性の腫瘍で、脂腺である「マイボーム腺」にできます。

 この腫瘍はイボ状の外観で、ワンちゃんのマブタに時々見られます。

 

 ワンちゃんのマブタに出来るイボで、もう一つよく見られるものに「麦粒腫」と言うものがありますが、こちらはマイボーム腺など眼瞼の皮脂腺の化膿によって出来ます。

 ※「麦粒腫」については別の項をご覧下さい。

 

 マイボーム腺腫は良性の腫瘍ですが、眼球に接触すると慢性の結膜炎などを起こします。

 

マイボーム腺腫2.jpg また極端に大きくなると、手術による摘出が困難になる事があります。イボが小さい内に手術によって切除する事が望ましいです。

 

 左の写真は犬のマイボーム腺腫の切除を行った、同一の症例の写真です。

 マイボーム腺腫は腫瘍の根元から取る必要があるので、マブタの皮膚ごと切除します(クサビ状に)。そして縫合糸をクロス状にして、1~2糸で縫合します。

 大きなイボですと、縫合するのが大変だったり、術後目の大きさが変わってしまったりします。

 

 マブタのイボを発見した場合早めに動物病院を受診しましょう。

PAGE TOP