HOME > どうぶつ健康百科 > 犬のマラセチア性皮膚炎

犬のマラセチア性皮膚炎

【ペットの病気】2013.01.15

マラセチア2.jpg ワンちゃんの皮膚には「マラセチア」と言う、真菌(カビ)の一種が少数ですが常在しています(左写真の矢印)。

 それが、夏の暑い時期や、シーズーなど皮膚に脂の多い子では、数が増加し皮膚炎や外耳炎を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

マラセチア1.jpg マラセチアによる痒みや炎症は、耳道内や皮膚全体に見られます。皮膚では特に、腋や股や下腹部に発赤や脱毛、鱗屑(フケ)が見られる事が多いです。

 

 またシーズーなど、皮膚に油分が多い犬種によく見られ、なかなか治らない事が多い病気です。

PAGE TOP