HOME > どうぶつ健康百科 > 毛包虫症(アカラス症)

毛包虫症(アカラス症)

【ペットの病気】2013.01.10

アカラス症2.jpg 毛包虫症(アカラス症)は、毛包虫(ニキビダニ)によって起こる犬の皮膚病の事です。

 毛包虫は毛穴に寄生するダニの仲間です。実は多くのワンちゃんの毛穴には常在していると言われていますが、通常だと皮膚病になる事はありません。

 それが、あるきっかけ(免疫の異常や、他の皮膚病など)で皮膚に脱毛、発赤などを呈します。通常「毛包虫症」単独では痒みは出ないと言われています。

 

 余談ですがこの毛包虫は、種特異性が非常に強く、犬には犬の毛包虫が、牛には牛の毛包虫が、人間には人間の毛包虫がそれぞれ存在しています。

 

 

 

 

アカラス症1.jpg それぞれの動物に固有の「毛包虫」があり、他の動物種へは感染しません。

 そしてほとんどの毛包虫は無害なのですが、ワンちゃんにのみこの様な皮膚病が発症するそうです。

 

 治療は駆虫薬を使います。しかしこの毛包虫症はなかなか治療するのが難しい皮膚病です。通常のワンちゃんに常在しているが故に、駆虫するのが難しいのだと思います。

 また毛包虫は他のワンちゃんに感染しません。

 

 

※写真は眼瞼部に毛包虫症の脱毛を呈しているL・レトリーバー

PAGE TOP